森岡スタイル

木鶏の境地を目指す


木鶏の境地を目指す

☆木鶏の境地を目指す


【木鶏】とは荘子の中にある有名な話です。


昔、中国で紀悄子という人が、王様のために闘鶏を養っていました。


彼はあるとき、すごい闘鶏を手に入れます。


王様が10日ほど経って「どうだ、もう闘わせてもいいか?」と訊ねますと


『いや、まだ空威張りして闘争心があるからいけません』と答えます。


もう10日ほどして「どうだもういいか」と訊かれても、依然として


『いや、まだです。


ほかの闘鶏の声や姿を見ただけでいきり立つからダメなのです』 


と言います。


さらに10日経っても

『まだいけません。まだ、目を吊り上げて威張っているから話になりません』

さらに10日経って王様が訊くと

『近し、もうそろそろでしょう。

鳴くものありといえども、既に変ずる無し。

これを臨むに木鶏に似たり、その徳、全し』

つまり、よその闘鶏が鳴いていても顔色も変えない。

まるで木彫りの鶏のようで完全に闘鶏として仕上がったということです。

実際に闘わせてみますと、ほかの闘鶏は闘わずして逃げるではないですか。

褒められても、けなされても、態度が変わらない。泰然自若。

若くしてこの段階まで到達するのは至難の業だとは思いますが、

時々は木鶏のような気分になる事は出来そうです。

それを繰り返していけば

いつの間にか本物の木鶏になっているかもしれません。